手足口病の感染力はどのくらい強いのでしょうか?

手足口病の感染力は比較的強いでしょう。

とは言うものの、手足口病の感染予防をしっかり行う事で、
感染予防は充分に行えますので、正しい感染予防をしましょうね。

では、感染予防とはどのような事をすればいいのでしょうか?

そもそも、手足口病の感染方式についてですが、
手足口病は飛沫感染とい方式によって感染が広がります。

飛沫感染というのは、咳やくしゃみによってウイルスが飛散し、
飛散したウイルスが手などに付着し、
付着した手を介して体内にウイルスが侵入する事によって
感染することを言います。

ですから、手足口病に感染しないようにする為の最も大切な事としては、
風邪の予防と同様で、手洗い、うがいをしっかりと行う事なんですね。

基本的には、この手洗い、うがいによって
手足口病の感染は防ぐ事が出来ます。

もう一つ注意したい事としては、
同じお箸を使用してご飯を食べさせないという事ですね。

当然と思われる方も居られるかもしれませんが、
これは以外と忘れがちですし、乳幼児にご飯をあげる際には
やってしまいがちな行為ですよね。

私が初めて感染した時も恐らく、
同じお箸を使用した事によって感染しました。

マスクもしっかりしていましたし、
手洗い、うがいもしっかりしていたにも関わらず、
感染してしまいましたので、
きっと、同じお箸を使用した事が原因でしょう。

乳幼児が風邪を引いたり、手足口病に感染している時には、
同じお箸を使用してご飯を食べる事はせず、
極力、別のお箸を使用してご飯をあげるようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の感染力はどのくらい強いのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状