手足口病の感染経路にはどのようなものがありますでしょうか?

手足口病の感染経路として最も一般的なものは、
咳やくしゃみによってまき散らされたウイルスが、
手などを介して体内に侵入する事です。

手足口病の感染としては、
飛沫感染という感染が一般的と言われており、
この飛沫感染は、風邪と同様の感染方式なんですね。

風邪の予防として最も一般的な方法としては、
手洗い、うがいがありますが、
手足口病の感染予防としても、
この手洗い、うがいが最も有効な手段なんですね。

また、乳幼児に比較的多く見られる手足口病ですが、
乳幼児の場合ですと、おもちゃを口に入れたり、
おもちゃで遊んだ手を洗わず、そのまま口に入れたりもしますよね。

これが、直接ウイルスを体内に取り入れてしまう原因になってしまいます。

乳幼児がおもちゃを口に入れたり、
手を口に入れたりする事を完全に防ぐ事は難しいでしょうが、
極力、手を洗わせたり、うがいをさせることによって、
感染予防をはかる事が重要になりますので、
注意するようにしましょうね。

また、手足口病は手や足に発疹ができ、
この発疹が潰れる様な場合があります。

この発疹が潰れ、体液が付着する事によって
直接的に手足口病を発症する事は無いと言われておりますが、
この体液が手などを介して、ウイルスが体内に侵入すると、
手足口病に感染してしまいますので、
体液が付着した場合には、しっかりと洗い流すようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の感染経路にはどのようなものがありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因