手足口病の症状は唇にも見られますでしょうか?

手足口病の症状が唇付近に出来る事はあります。

しかしながら、唇付近に出来る場合は、
症状が比較的重たい場合にしか出ません。

一般的な手足口病の症状としては、
手の平や手の甲、足の裏に発疹が出来る事が多いでしょう。

また、口内炎が出来る事も比較的多く、
手、足、口内炎といった症状の広がりが一般的でしょう。

もちろん発疹の症状が全く出ずに治ってしまう事もありますので、
一概に手足に発疹が出来るとは言い切れません。

ちなみに、私の娘が手足口病に感染した時には、
唇にも発疹が出来ました。

その時の症状と経過をご紹介致します。

まず、初期症状についてですが、
初期症状としては、発熱からでした。

39度台後半の高熱が3日程度続き、
4日目にようやく37度台まで下がりました。

熱が下がるとほぼ同じくして、
足の裏に発疹が出来始めました。

発疹は手にも出来始め、
2週間後くらい経つと太ももやお尻にも発疹が出来始めました。

また、首の後ろや顔にもニキビの様な赤みを帯びた発疹が出来始め、
唇の周りにも発疹がいくつか出来ました。

見た目めは正に、思春期のニキビといった感じでした。

特に塗り薬は無かったため、
清潔に保ってあげる様、濡れたタオルなどで肌を拭いてあげるようにしていました。

発疹が治るまでには1ヶ月ちょっと掛かりましたが、
手や足、顔にできた発疹は全て奇麗に治り、
痕が残る事も全くありませんでした。

もし顔や唇の周りに発疹が出来たとしても、
無理矢理潰したりせず、
奇麗に保って、自然と治ることを待つようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の症状は唇にも見られますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状