手足口病の完治までの経過を教えてください。

手足口病の完治までの経過についてですが、
症状によっても異なりますし、
人によっても完治までの経過が変わってきます。

一般的な手足口病の症状としては、
発熱や手や足に発疹が出来る症状、
また、口内炎が出来るといった症状が見られます。

しかしながら、人によっては発熱しなかったり、
手や足の発疹が出ずに完治してしまうといったこともあります。

私や私の子供たちが感染した時についても、
症状がそれぞれ異なったり、
完治までの経過や期間が異なりました。

私の経験を紹介いたします。

先ず初めに息子が感染した時のことです。

息子が1歳半くらいの時に初めて手足口病を感染した際のことですが、
初期症状としては、発熱でした。

体温としては、38度前後の熱が2日程度続き、
直ぐに熱は下がりました。

その後、手や足に発疹が出来初め、
口内炎も3か所くらい出来ました。

発疹や口内炎が完全に治るまでには、
約3週間程度かかりましたが、
発疹の痕が残ることはなく、キレイな肌に戻りました。

次に、娘が1歳の時に感染した状況を紹介いたします。

娘の場合についても、初期症状としては発熱でした。

しかし、娘の場合には、39度前後の高熱が3日続き、
4日目で37度台まで下がるといった状況でした。

熱が下がり始めた4日目くらいから
徐々に手と足の裏に発疹が出来初め、
1週間過ぎたくらいから、発疹が広がっていきました。

足の裏だけではなく、太ももやおしりにも発疹が出来、
口内炎もでき始めました。

2週間過ぎたくらいが一番のピークで、
この時は、手足、太もも、おしり、お腹のあたりに発疹が複数見られ、
口内炎も出来るといった、非常に重い症状でした。

3週間過ぎくらいからは、発疹がかさぶたになり初め、
徐々に発疹が消えていきました。

最終的にキレイに肌が戻るまでには、
1か月以上かかりました。

しかしながら、完治すると発疹の痕は全く残らず、
キレイな肌を完全に取り戻すことができました。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の完治までの経過を教えてください。 はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状