手足口病の痛みが続く期間はどのくらいでしょうか?

手足口病の痛みが続く期間としては、
人それぞれ異なりますし、
1回目の感染と2回目の感染といった状況によっても異なってきます。

私自身も2回感染したことがありますが、
痛みを伴う期間が異なりました。

具体的な状況を少し説明いたします。

1回目の症状と痛みについてですが、
初期症状としては、発熱でした。

発熱としては、38度程度の熱が2日程度続き、
直ぐに熱は下がりました。

その後、発疹が手や足に出来初め、
ピークの時には、足の裏や手の平には
複数の発疹が見られる状況となっていました。

発疹ができ始めた時点で少し痛みを感じ始め、
発疹がかさぶたになり、かさぶたが治るまでの間、
ずっと痛みを感じました。

ただし、痛みと言っても、我慢できなくなるほどの痛みはなく、
チクチクと気になる程度の痛みでした。

痛みを感じてから、感じなくなるまでの期間としては、
3週間程度ありました。

2回目の発症は、1回目の発症とは異なり、
1週間もしない内に痛みを感じなくなりました。

2回目の場合についても、初期症状としては発熱でしたが、
発疹が肌の表面に現れることはありませんでした。

皮膚の下にとげが刺さっている様な痛みが2、3日続き、
痛みが今後増してくるかと思っていたら、
いつの間にか治るといった状況でした。

このように、同じ人(私ですが)が感染した場合でも、
1回目と2回目で痛みを感じる期間は異なりますので、
一概にどのくらい続くということは言えません。

しかしながら、痛みは長くとも1か月以内には引きますので、
その間については我慢するしかないですね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の痛みが続く期間はどのくらいでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状