手足口病は兄弟同士でもうつりますでしょうか?

手足口病は兄弟どうしでも十分にうつります。

また、兄弟だけではなく、親子間でもうつります。

手足口病の感染方式は飛沫感染と呼ばれるもので、
これは、唾液に潜んでいるウイルスが
咳やくしゃみによって飛散し、
飛散したウイルスを手などを介して体内に侵入することによって
感染する方式です。

この飛沫感染として代表的なのが、風邪ですね。

風邪も咳やくしゃみによってウイルスが
拡散することによって感染が拡大しますよね。

では、どのようにすれば、感染を防止することが出来るのでしょうか?

感染防止として最も有効な方法はやはり、手洗い、うがいです。

風邪の予防としては、手洗い、うがいをしっかり行うことと
よく言われますよね。

手足口病についても同様で、
手洗い、うがいをしっかり行うことで、
ウイルスが体内に侵入し、感染することを防止できますので、
きっちりと行うようにしましょう。

また、兄弟間での感染については、
同じお箸使ってご飯を食べたり、
同じお皿に盛られたものを食べるといったことでも
感染することがあります。

手足口病の感染を予防するのであれば、
箸を一緒に使うことや同じお皿によそわれたものを
食べないといったことが重要になります。

基本的に、ウイルスの潜伏期間は3週間と言われておりますので、
きっちりと感染予防を図るのであれば、
前述の共通のあ箸を使わないといったことは
3週間以上実施する必要がありますね。

必ずしも、食事で感染するとは限りませんが、
感染予防の一つとしては重要なことですので、
忘れないようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は兄弟同士でもうつりますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因