手足口病を発症すると嘔吐の症状は見られますでしょうか?

手足口病の発症によって嘔吐の症状がみられることはほぼありません。

手足口病の症状としては、
その病名の通り、手や足に発疹ができたり、
口の中に口内炎ができることが一般的です。

また、発熱によって高熱が出る場合もあります。

しかしながら、嘔吐の症状がみられることはありませんので、
嘔吐の症状がみられるような場合には、
別の病気を疑い、医師の診察を受けることをおすすめ致します。

私の経験談を少し紹介しましょう。

先ず一つ目は、息子が1歳の時に手足口病を発症した際のことです。

初めの症状としては、発熱でした。

38度後半の熱が2日程度続き、
その後、手や足に発疹ができました。

手や足に出来た発疹はなかなか治らず、
完全に治るまでには、3週間程度掛かりました。

完治すると、発疹の痕は全く残らず、
きれいな肌を取り戻すことが出来ました。
二つ目は、娘が1歳の時に発症した際のことです。

娘の場合にも、息子の時同様、
初期の症状としては、発熱でした。

娘の場合には、39度後半の熱が3日続き、
4日目でようやく、37度後半まで下がりました。

5日目には熱が下がりましたが、
手や足に赤いブツブツが見られるようになり、
次第にニキビのような芯を持った発疹ができるようになりました。

その後、口内炎が出来、
また、太ももやおしりなどの広範囲にも
発疹が見られるようになりました。

口内炎には直接的に効果のある薬が無いということから、
とにかく、きれいに保つことだけを意識し、
こまめに、濡れタオルで拭いてあげるようにしました。

最終的に症状が治まり、
発疹が無くなるまでには、1か月程度は掛かりました。

娘の場合には、症状が重い状態でしたが、
発疹の痕は全く残ることはなく、
きれいな肌を取り戻すことが出来ました。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病を発症すると嘔吐の症状は見られますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状