手足口病を大人が発症した場合仕事に行っても問題ないでしょうか?

手足口病を発症した場合でも、
仕事に行くこと自体は全く問題ないでしょう。

もちろん、発熱によって、
具合が悪いような状態では無理は絶対にダメですよ。

基本的には、手や足に発疹が出来ているような状況であれば、
仕事に行くこと自体は問題ないでしょう。

手足口病は飛沫感染によって感染が拡大しますが、
マスクをしっかりしていれば、
感染予防を図ることが出来ますので大丈夫でしょう。

また、発疹が潰れ、体液が直接他の人についても、
基本的には影響がないと言われておりますが、
極力、他の人や物に付着しないよう、
手袋をするなどの予防処置を行うことをおすすめします。

私も手足口病を発症している時に仕事に行きました。

仕事に行く際には、マスクと手袋をしていきました。

手袋はタクシーの運転手さんがする様な、
布製の手袋をつけるようにしていました。

手袋は感染予防をするだけでなく、
発疹による手荒れを周りの人に見せなくて済むという
利点もありました。

発疹による手荒れは自分で見ていても憂鬱になるような状況ですので
周りの方は、さらに不快に感じるかもしれません。

こういったことを避けるためにも、
手袋の装着はおすすめの方法です。

仕事の内容にもよりますが、
人と接するお仕事やサービス業の方などは、
可能であれば、症状が治まるまで、
仕事を休むことを考えたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病を大人が発症した場合仕事に行っても問題ないでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法