手足口病の症状は首にも見られますでしょうか?

手足口病の症状が首に見られる事もあります。

手足口病に感染した場合の症状としては、
発熱や発疹の症状が見られます。

発熱にしても、発疹にしても
人によって症状が見られたり、見られなかったり、
また、1回目の発症と2回目の発症でも異なったりがあります。

発疹としては、一般的に手や足に多く見られますが、
首に症状が出来ることもあります。

首に発疹の症状が見られる場合としては、
症状が比較的重たい場合に見られます。

重たいと言っても、症状は必ず改善しますので、
安心してくださいね。

私自身も手足口病に感染した事がありますし、
娘や息子も手足口病を発症した経験がありますので、
その時の状況を少し紹介致します。

娘が手足口病を発症した際の事ですが、
この時は、首に発疹の症状が見られました。

症状の経過としては、
先ず初めに発熱の症状が見られました。

発熱としては、39度台後半の高熱で
3日程度続き、4日目でようやく37度台まで下がりました。

発疹の症状としては、熱が下がり始めた4日目くらいから
少しずつ症状が見られ始め、
初めは足と手の指の辺りに発疹が出来ました。

その後、太ももやお尻にも出来始め、
その後、首にも症状が見られ始めました。

私の経験としても、首にまで発疹が出来るという事はありませんでしたので、
不安になりましたが、とにかく清潔に保つ事だけを意識し、
こまめに拭いてあげるようにしていました。

3週間目くらいでようやくかさぶたになり始め、
最終的に治るまでには、1ヶ月ちょっと掛かりました。

ほぼ全身に出来た発疹も、
痕が残る事は無く完全に治りましたので良かったです。

発疹が多数見られる事で、
非常に不安に思われる方も多いと思いますが、
焦らず、無理矢理潰したりせず、
気長に待つようにしてくださいね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の症状は首にも見られますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状