手足口病の症状の経過を教えていただけますでしょうか?

手足口病の症状は人によっても様々ですし、
同じ人でも、1回目に発症した場合と2回目に発症した場合とでは、
症状の出方が変わったり、症状の経過も変わります。

手足口病の症状としては、
一般的に、発熱と手や足への発疹症状、
また、口内炎などの症状が見られます。

これらの症状は人によって出たり出なかったりしますし、
症状としても、軽くすんだり、重度の症状に至ったりと
本当に様々な症状が見られます。

私も手足口病を発症した経験がありますし、
息子や娘も発症した経験がありますので、
その時の症状、経過を紹介致します。

まず、息子が発症した際の事ですが、
初期症状としては発熱で、体温としては、
38度前後の熱でした。

熱は2日程度で直ぐに下がりましたが、
熱が下がるとほぼ同じくして、
発疹の症状が見られ始めました。

発疹としては、手、足にでき、
また口内炎も出来ました。

症状としては1ヶ月経たないくらいで治りました。

一方娘の場合には、
比較的症状が重く、手や足だけでなく、
お尻や首などにも発疹の症状が見られました。

娘の場合にも初期症状としては、発熱で、
娘の場合には39度台後半の高熱が3日間続き、
4日目でようやく37度台まで熱が下がりました。

熱が下がるのとほぼ同じくして、
手や足に発疹が出来始め、
2週間経たないうちに、太ももやお尻の周辺にも
発疹の症状が見られるようになりました。

発疹の症状が完全に治るまでには1ヶ月以上掛かりましたが、
発疹の痕が残る事は一切無く、
奇麗な肌を取り戻す事が出来ました。

このように、症状としては、人それぞれですので、
あくまでも、私の経験は参考として読んでくださいね。

でも、とにかく、発疹が出来た部位は清潔に保ち、
無理矢理発疹を潰したりする事はせず、
気長に症状が改善する事を待つようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の症状の経過を教えていただけますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状