手足口病の症状が軽度な場合はどのような状態でしょうか?

手足口病の症状が軽度な場合、
人によっては発熱の症状が少し見られるだけで、
直ぐに治る場合があります。

手足口病の一般的な症状としては、
発熱や発疹が見られます。

発熱としては、37度台の微熱から、
39度台後半の高熱が出るなど、
様々な症状が見られます。

発疹の場合についてですが、
手や足にニキビの様なブツブツが出来る場合もあれば、
お尻や太もも、顔、首といった部位に発疹が出来る場合もあります。

症状の違いについては、
人によっても症状が異なる場合がありますし、
同じ人でも1回目の発症と2回目の発症とで
症状が異なる場合があります。

私自身、2回手足口病に感染、発症した事がありますが、
1回目と2回目の症状が全く異なり、
2回目の症状は非常に軽度な症状で完治しました。

具体的な症状、経過について紹介致します。

1回目の時の症状についてですが、
初期症状としては発熱で、
体温としては、37度台後半の熱が2日程度続き、
3日目には熱は下がりました。

熱は直に下がりましたが、
熱が下がると共に、発疹が手や足に見られ始めました。

発疹は足の指の間や足の裏、手の平、手の甲、指の間など、
非常に多くの発疹が出来ました。

物を掴んだり、歩くだびに痛みを伴い、
非常に憂鬱な日々が続きました。

完全に発疹が治るまでには、
3週間程度掛かりましたが、
発疹の痕は完全に無くなりキレイになりました。

2回目の症状は1回目とは全く異なり、
非常に軽度な症状で直ぐに治りました。

このこの時も初期症状としては発熱で、
38度前後の熱が2日程度続きました。

3日目には熱も下がりましたが、
足の裏と手の平に違和感を感じ始めました。

感覚としては、トゲが刺さっている様な
ちょっとした違和感を感じる程度で、
手と足にそれぞれ2カ所程度違和感を感じました。

これから、ニキビの様なブツブツがいっぱい出来るのかなと
思っていましたが、ブツブツが出来る事は無く、
気付かないうちに痛みが無くなっていました。

2回目の感染時は、1週間程度で完治したと思います。

このように症状は様々ですので、一概には言えませんが、
軽度の症状の場合は1週間程度で完治する場合もあります。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の症状が軽度な場合はどのような状態でしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状