手足口病の症状が軽症な場合は、どのくらいで治りますでしょうか?

手足口病の症状が軽症の場合には、
1週間程度で完治する場合もあります。

しかしながら、手足口病の症状は人によっても異なりますし、
同じ方の発症においても、1回目の発症と2回目の発症でも
症状や完治までの期間は変わってきますので、
一概には言えませんが、参考までにご説明致します。

一般的に、手足口病に感染しますと、
発熱や発疹の症状が見られます。

発熱としては、38度前後の熱から、
39度台後半の高熱まで様々な状況が見られます。

また、発疹としては手や足に出来る事が一般的ですが、
人によっては、太ももやお尻、首の周辺にも発疹の症状が見られる場合があります。

発熱、発疹の他に、口内炎も多くの場合で見られる症状の一つです。

私の経験を少し紹介致しましょう。

先ず、私の娘が手足口病に感染した時の事です。

初期症状としては、発熱で、
体温としては、39度台後半の高熱が3日程度続き、
4日目でようやく37度台まで下がりました。

熱が下がると発疹の症状が見られ始め、
初めは手と足に発疹が見られました。

徐々に発疹が広がり、太ももやお尻にも発疹の症状が見られましたし、
首にも発疹の症状が見られました。

口内炎もいくつか出来、ご飯が大好きな娘でさえ、
ご飯を食べる事を嫌がって大変でした。

口内炎が出来ている間は、ヨーグルトやゼリーを食べさせ、
少しでも栄養を摂らせる様にしていました。

発疹や口内炎が治るまでには、
1ヶ月以上掛かりましたが、発疹の痕が残る事は無く、
元通りのキレイな肌に戻る事が出来、一安心と言ったところでした。

次に、私自身が手足口病に感染した時の事です。

私は2回発症した事がありますが、
どちらの場合も初期症状としては発熱で同じでした。

2回目の発症の時の事について説明しますが、
発熱としては38度前後の熱が2日程度続いただけで、
直ぐに熱は治まりました。

その後、発疹が手と足に2カ所くらい出来ましたが、
1週間もせずに発疹も治りました。

ちなみに、私が1回目に感染した時には、
手や足に多くの発疹が出来ましたので、
完治までには、3週間以上掛かりました。

このように、早ければ1週間いないで治りますし、
長い場合ですと、1ヶ月以上掛かる場合もあります。

ただ、何れにしても完治すれば、
キレイな肌を取り戻す事が出来ますので、
焦らず気長に待つようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病の症状が軽症な場合は、どのくらいで治りますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状