手足口病のケア方法にはどのようなものがありますでしょうか?

手足口病の症状に対して有効なケア方法についてですが、
格段に症状が改善したり、
症状を和らげたりする様なケアはありません。

このページでは、私自身が行ったケアについて、
少し紹介させて頂きます。

そもそも、手足口病の症状についてですが、
一般的には発熱や発疹、口内炎の症状が見られます。

乳幼児が病気を発症した時には、
親御さんとしては、ちょっとした事でも心配になりますし、
少しでも早く症状を改善させてあげたいと思いますよね。

こうした点から私自身が行った事を紹介します。

先ず、発熱の症状に対してですが、
子供や大人によっても熱の上がり方が変わってきますが、
39度台の高熱が出る事もあります。

高熱が出た時の対処方としては、
市販の熱さまシートをおでこに貼付けるのと合わせて、
背中にも熱さまシートを貼付けるようにしました。

また、保冷剤を入れ、脇の下に当てられる様な
布製のアイテムも使用しました。

このアイテムは本当にオススメの商品なんですが、
保冷剤を脇の下に密着させる事ができ、
血流を冷やして体温を下げるという事に対して
非常に効果的なんですね。

続いて発疹に対してのケアについてですが、
一番のケアとしては清潔に保ってあげるということです。

汗をかいたり、肌が汚れた場合には、
こまめに塗れタオルなどで拭いてあげ、
清潔に保ってあげるようにしましょう。

直接的に発疹に対して有効な薬は無いと言われておりますので、
私自身も薬は一切塗る事はしませんでしたが、
症状が完治すると、発疹の痕が残る事もなく
キレイな肌を取り戻す事が出来ました。

特段、手足口病に効くケア方法はありませんが、
気長に症状改善を待つ事が一番ですので、
無理矢理発疹をつぶしたりせず、
焦ら無いようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病のケア方法にはどのようなものがありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法