手足口病に感染した場合に高熱が出るものでしょうか?

手足口病に感染した場合、高熱を出す場合があります。

高熱の症状としては39度台後半のような高熱を伴う場合もあれば、
37度ちょっとといった微熱の場合もあります。

高熱の症状としては全ての人に見られるわけではなく、
人によっては、発熱を全く伴わずそのまま症状が改善するような場合もあります。

同じ人の場合でも1回目の発症と2回目の発症で発熱の症状がみられたり
見られなかったりと、その時の体の状態によって症状の出方が変わってきます。

発熱の症状としては2日程度で治まる場合もあれば
4日前後の比較的長い日数発熱の症状がみられる場合もあります。

私の経験談を少し紹介します。

娘が一歳のときに手足口病に感染しました。

その時の初期症状として高熱が見られました。

体温としては39度台後半の高熱が3日間続き、
4日目でようやく37度台まで下がりました。

発熱の症状が治まると手や足の裏に発疹の症状がみられ始めました。

発疹としてはニキビのような芯を持った症状がみられ、
手や足だけでなく、太ももやお尻、首のあたりにも症状が広がっていきました。

その後、口内炎も口の中に4ヶ所程度でき、
見ているだけでも辛くなるような症状が続きました。

医師の診察を受けましたが、
発疹に対して、有効な塗り薬が処方されたわけではなく、
また、医師の話によると手足口病の発疹に対して有効な薬がないという事でした。

ですから、発疹ができている患部を清潔に保つことに対して
気を使うようにしていました。

具体的には汗をかいたり、ご飯を食べたりして手や口の周りが汚れているような時、
また、足が汚れているような時には、
濡れたタオルで患部をしっかり拭き取ってあげ清潔に保っていました。

また、お風呂でもベビー用のソープをして使用し
患部を清潔に洗ってあげることを心がけていました。

発疹や口内炎の症状は1ヶ月以上続き、
最終的にきれいな肌を取り戻すまでには5週間程度かかりました。

発疹の症状が完治した後、発疹の跡が残ることはなく、
綺麗な肌を刺す取り戻すことだできました。

発疹が全身にできている時には本当に治るのかという非常に強い不安を感じましたが
最終的には綺麗な肌を取り戻すことができ、
本当に良かったという気持ちになりました。

娘以外にも私や主人、息子もそれぞれ手足口病に感染した経験がありますが
みんな発疹の症状が残ることはなく、
綺麗な肌を取り戻すことができましたので
皆さんも焦ることはなく患部を清潔に保ってあげるなどして
症状の経過を見守るようにしましょう。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病に感染した場合に高熱が出るものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状