手足口病は子供に多く感染するのでしょうか?

手足口病は子供に多く感染する病気の一つです。

手足口病は風邪と同様、ウィルス性の感染症であり、
誰にでも感染する可能性のある病気の一つです。

手足口病はウイルス性の感染症であるということから
飛沫感染によって感染が拡大する病気の一つです。

飛沫感染というのは、咳やくしゃみによって唾液が飛散し、
飛散した唾液の中に含まれたウイルスを手などを介して
体内に取り込んでしまうことにより発症する感染方式です。

飛沫感染の予防策として最も有効なのが、手洗い、うがいをするということです。

風邪の予防でもよく言われている、この手洗いうがいが、
手足口病の感染予防にも効果を発揮するのです。

乳幼児の場合ですと直接おもちゃを口の中に入れるという行動も見られますので.
必ずしも、手洗いだけで手足口病の感染予防を図るということはできませんが、
感染を予防するためには非常に重要な行動となりますので、
ぜひ実践するようにしましょう。

子供が手足口病を発症したときの症状について少し紹介いたします。

手足口病を発症すると初期症状として発熱の症状が見られる場合があります。

発熱としては37度台の微熱の場合もありますし、
39度台後半といった高熱の症状が見られる場合もあります。

この発熱の症状は比較的多くの方に見られることが一般的ですが、
発熱の症状がほとんど見られないという場合もあります。

発熱以外の症状といいますと、手や足にニキビのような発疹が
複数見られる場合があります。

この発疹はちくちくするような痛みを伴います。

発疹についても子供によっては少ししか見られない場合もあります。

逆に手足だけではなくお尻や首といった、
体の広範囲にまで星の症状が見られる場合があります。

発疹に対しては有効な塗り薬がないと言われており、
具体的に治療として有効な手段はないと言われております。

発疹に対してできるケアといえば、
患部をきれいに清潔に保ってあげるということが最も重要になります。

手足口病によってできた発疹は、傷跡が残ることはなく、
綺麗な肌を取り戻すことができますので、
焦らず経過を観察するようにしましょう。

手足口病に感染した場合のもう一つの症状として口内炎が見られます。

口内炎の症状としては口の中に複数見られます。

大人の方でも口内炎が出来るとご飯を食べる時などに強い痛みを伴いますが
乳幼児や子どもの場合も同様に、口内炎に関しては強い痛みを感じます。

乳幼児や子どもが口内炎の症状を発症した時には、
ヨーグルトやゼリー、野菜ジュースといった
飲み込みやすいものを食べさせてあげることにより
栄養を補ってあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は子供に多く感染するのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因