手足口病に感染した場合に寒気を感じることはありますでしょうか?

手足口病に感染した場合、発熱を伴う可能性があります。

発熱としては37度台の微熱から39度台後半といった
高熱の症状まで様々な症状があります。

発熱を伴う場合は、寒気を感じることがありますので、
手足口病だからという理由ではなく、
発熱の症状が見られるから寒気を感じるということはあります。

具体的に発熱の症状についてですが、
先にも述べましたように37度台の微熱から39度台後半といった高熱まで
人によっても異なりますし、
1回目の症状と2回目の症状でも発熱の状況は変わってきます。

私の娘の場合ですと、39度台後半の高熱が3日間続き
4日目でようやく37度台まで下がりました。

私自身の場合で言いますと、37度台後半の熱が2日程度続きましたが
3日目ではすぐに平熱に戻りました。

このように発熱の症状としては、人それぞれ異なりますが
発熱の症状が見られたときにはやはり寒気を感じました。

発熱の症状についてですが、人によっては全く発熱せず
発疹だけがわずかに見られ、すぐに完治するという、状況もあります。

このような場合ですと発熱の症状がないため寒気を感じることはありません。

ですから、手足口病に感染すると
必ずしも寒気を感じるというわけではありません。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病に感染した場合に寒気を感じることはありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状