手足口病は再発しますでしょうか?

手足口病は再発することがあります。

手足口病は風邪と同様、ウイルス性の感染症であるため
一度発症したからといって、二度と発症しないということはありません。

風邪の場合は一度引いたからといって
二度と引かなくなるということはありませんよね。

手足口病もこれと全く同じで、
一度発症したからといって二度と発症することがないという病気ではありません。

また、症状としても一度発症したからといって症状が軽くなったり、
症状の出方に違いが出るようなこともありません。

逆に1回目の発症と2回目の発症で全く同じ症状が出るという可能性もあります。

基本的な症状としては、発熱や発疹、口内炎といった症状が一般的ですが
1回目の発症と2回目の発症で症状の出方に差が出てくることももちろんあります。

手足口病は先にもご説明しました通り、
再発の可能性が十分ある病気ですので、
感染予防をしっかり実施する必要があります。

手足口病の感染予防としては、風邪と同様で
手洗い、うがいが最も有効な手段となります。

手足口病の感染方式としては飛沫感染と言う方式であり、
これは唾液に含まれるウイルスが咳やくしゃみによって飛散し
手などを介して体内に入ることにより感染する方式を言います。

ですから手などに付着したウイルスを洗い流すことにより
十分な感染予防を行うことができるのです。

乳幼児の場合ですとおもちゃを口に入れたり手を口に入れたりし、
直接的にウイルスを体内に取り込んでしまう可能性があります。

おもちゃを口に入れさせないようにしたり手を口に入れさせないようにするのは
非常に難しい事だとは思います。

ですからおもちゃで遊ばせる時は、
事前におもちゃをふき取ったり、消毒したりすることで
ウイルス自体を除去することができますので
そのような処置をすることも感染予防の一つの手段です。

いずれにしても手足口病という病気は
何度でもまた誰でも感染する可能性のある病気ですので
十分な感染予防感染対策を実施するようにしましょう。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は再発しますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の原因