手足口病は後遺症が残るものでしょうか?

手足口病の発症により後遺症が残ることはほとんどありません。

手足口病の発症により見られる症状としては
発熱や発疹、口内炎といった症状があります。

発熱としては37度台の微熱から39度台後半といった高熱の症状まで
人によって様々です。

高熱は3日から4日程度続くことはありますが
これにより後遺症が残るということはほとんどありません。

発疹の症状についてですが、
発疹としては手や足にニキビのようなブツブツが見られます。

この発疹はチクチクとする痛みを伴い、
人によっては手や足だけでなく太ももやお尻、
腕や首の周辺といったん全身に広がる可能性もあります。

後遺症として最も懸念されるのがこの発疹だと思います。

乳幼児の親御さんや手足口病に感染している大人の方、
ご本人の方でもこの発疹が本当に綺麗に治るのかという不安は
みなさんお持ちになることでしょう。

ですが手足口病の発疹は、ほぼ全ての方々で完全に跡もなく
綺麗な肌を取り戻すことができますので
この点については安心してくださいね。

発疹が複数見られるからといって無理矢理発疹を潰したり
傷つけたりすることはせず、気長に待つことが
綺麗な肌を取り戻すことに最も重要になってきます。

手足口病の発疹に対しては有効な塗り薬がないと言われておりますので
焦らず経過を確認するようにしてください。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病は後遺症が残るものでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状