手足口病による湿疹に対してステロイドを使用しても問題ないでしょうか?

手足口病による湿疹や発疹に対してステロイド薬を使用することは
基本的にはお勧めできません。

手足口病による湿疹や発疹は薬によって症状が改善したり、
早く治るということは決してありません。

ですからステロイド薬を使用することは、
手足口病の湿疹や発疹に対して全く有効ではありませんので
使用するべきではないでしょう。

むしろステロイド薬を使用することにより
皮膚表面に対して悪影響を及ぼしたり、
乳幼児の場合ですと皮膚そのものに別の炎症を及ぼしてしまう可能性があります。

ステロイド薬というのは使用方法を間違うと
非常に危険な薬の一つです。

もちろん乳幼児に対しても用法・用量を守って
正しく使用することで非常に効果を発揮する薬です。

ですから、症状によっては全く使用してはいけないというわけではありません。

ここで言いたい事としては、手足口病による湿疹は自然と治りますので
あえて薬を使用する必要はないということです。

ステロイド薬は症状が重い場合に有効ではありますが、
手足口病の発疹が体中にできたからといって、
決して使用するべき薬ではありません。

基本的には、手足口病に感染し湿疹や発疹ができた場合、
内科や皮膚科を受診したとしてもステロイド薬を処方されることはありません。

もし仮に手足口病と診断され、ステロイド薬を処方された場合には、
薬剤師の説明をしっかりと聞くようにし、
本当に使用しても問題ないか、使用する時の注意事項は何かなど、
十分に理解した上で使用するようにしましょうね。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病による湿疹に対してステロイドを使用しても問題ないでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法