手足口病を発症すると水泡は出来ますでしょうか?

手足口病の発症により、水泡ができることはありません。

水泡ができることはありませんが、
ニキビのような赤い発疹ができることがあります。

一般的な手足口病の、症状と経過をご説明いたします。

手足口病に感染すると初期症状として発熱がみられます。

発熱としては37度ちょっとといった微熱から
39度台後半の高熱の症状まで人によって様々です。

この発熱の症状は2、3日程度で治まり
4日目にはほぼ平熱に戻っているということが多くなっております。

発熱の症状が治まると、手や足に発疹の症状がみられ始めます。

発疹としては水疱のように中に水が溜まっている物ではなく
ニキビのように白い芯を持った発疹ができることが多くあります。

この発疹は手の平や手の甲、
指の間など多くの部位に見られることが一般的です。

また、人によってはお尻や太もも首などにも
発疹の症状がみられることがあります。

この発疹の症状に対して、有効な塗り薬はないと言われており、
ケア方法としては患部を清潔に保ってあげることが最も有効となります。

この発疹の症状も人によって、2週間から長くても1ヶ月程度で
ほぼ症状は治まることが一般的です。

発疹が全身にできたり、手や足に多く見られることが一般的ですが
基本的には発疹の跡が残ることはなく、
綺麗な肌を取り戻すことができますので
無理やりつぶしたりゴシゴシと擦って
洗ったりしないよう焦らず気長に待つことが大切です。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病を発症すると水泡は出来ますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状