手足口病発症すると水ぶくれができますでしょうか?

手足口病の発症により水ぶくれができることはありません。

手足口病の発症により見られる症状としては
発熱や発疹などの症状があります。

発熱としては37度台の微熱から39度台後半といった高熱の症状まで、
人によって様々です。

発熱としては2日から4日程度で治まり
その後、発疹の症状がみられることが一般的です。

発疹としては手の平や手の甲、足の裏
また、指の間にブツブツした赤い発疹ができます。

この発疹はニキビのように芯を持った発疹であり、
チクチクとした痛みを感じることがあります。

この発疹も水ぶくれのような、中に水を持った症状ではなく
先にも述べましたニキビのような発疹ですので
一般的に水ぶくれができるというものではありません。

この発疹としては、2週間から長くても1ヶ月程度で症状は治まります。

発疹の跡が残ることはなく、
元通り綺麗な肌に戻りますので、
無理やり発疹を潰したりせず、経過を観察することが最も重要になります。

また、この発疹に対しては、有効な塗り薬がないことから
薬を塗って早期改善ということもあまり期待できませんので
基本的には患部を清潔に保ち、経過を観察するようにしましょう。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病発症すると水ぶくれができますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病の症状