手足口病を発症した場合の過ごし方で注意することはありますでしょうか?

手足口病を発症した場合の過ごし方で
特段、注意する必要があるということはありません。

手足口病に感染すると一般的に
発熱や発疹の症状が見られます。

発熱の症状としては37度台の微熱から
39度台後半といった高熱の症状まで人によって様々です。

当然ですが、発熱の症状が見られる時には
安静にしている必要があります。

乳幼児の場合で高熱の症状が見られると非常に心配になりますよね。

高熱の症状が見られる時には
座薬を使用して熱を下げたり
氷枕や熱さまシートといったものを使用し
熱を下げてあげるよう心がけましょう。

また、脱水症状に陥りやすい場合もありますので
経口補水液やスポーツ飲料などを薄めて飲ませてあげることにより
水分をしっかりとらせてあげるようにしましょう。

発疹の症状がみられた場合に注意することについてですが
こちらについても特段注意しなければならないということはありません。

発疹ができているからといって、
他の人に触れただけで手足口病が感染するということはありませんので
安心してくださいね。

しかしながら発疹が潰れ、中から膿みのようなものが出る場合があります。

この膿みが付着すると発疹が広がる可能性がありますので
発疹が潰れた場合にはすぐに拭き取ったり、
清潔に保つことを心がけましょう。

スポンサードリンク

2017年7月2日 手足口病を発症した場合の過ごし方で注意することはありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 手足口病のケア、対処法