おむつかぶれはおしりを乾燥させることが効果的でしょうか?

おむつかぶれの症状改善に対しても、
また、おむつかぶれ発症の予防に対しても
おしりを乾かす事は非常に効果的です。

ただ、乾かすという言葉は適切ですが、
乾燥という言葉は適切ではないかもしれませんね。

おむつかぶれはおむつ内の湿気により
菌が繁殖したり、ふやけた肌が傷付く事により
発症する事が多い病気です。

ですから、湿気を抑え、肌を出来る限り
さらさらの状態、つまり蒸れさせない事が重要となってきます。

では、どのようにして肌を乾かしてあげればいいのでしょうか?

一つの方法として、おむつ交換の際には、おしり拭きでおしりを拭き、
その後、ティッシュを肌に軽く押し付け、
余分な水分を取ってあげる事が非常に効果的です。

また、おむつ交換の際には、
直ぐに新しいおむつを履かせるのではなく
数分間おむつを履かせずに解放してあげる事が、
おむつかぶれを防止したり赤ちゃんをストレスから解放してあげられますので
試してみて下さい。

また、おむつ交換の際に、 であおいであげたり、
手であおいであげる事で、
余分な水分を飛ばしてあげる
事も出来ますので、
こんな方法も試してみてくださいね。

でも、あまりに長時間の裸状態で居させる事は
お腹を冷やしたり、風邪を引かせてしまうかもしれませんので
注意してくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月11日 おむつかぶれはおしりを乾燥させることが効果的でしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの予防法