おむつかぶれの症状が続く期間はどのくらいでしょうか?

おむつかぶれの症状が続く期間としては、
症状にもよりますが、軽いものであれば、
2、3日で症状が治まってきます。

赤ちゃんは肌の補修、再生能力が非常に高く、
大人では数日~数週間かかる様な症状でも
赤ちゃんであれば、早ければ2、3日で回復が見られます。

こういった事からも、肌が赤みを帯びている程度の
軽い症状であれば、薬を塗って2、3日で
治ってしまう事が多いです。

肌にブツブツが出来たり広範囲の赤みの場合は
1週間~10日前後かかることもあります。

薬を塗って1週間や10日経っても
改善が全く見られない場合には、
カビによる症状である事も考えられます
ので
再度、医師の診察を受ける事をお勧め致します。

では、おむつかぶれを改善させる為の有効な手段には
どのような事があるのでしょうか?

最も効果的なのが、座浴やシャワーでお尻を洗い流すという事です。

おむつ交換の際に、おしり拭きでおしりを擦ってしまうと
肌が傷付き、おむつかぶれを発症してしまいます。

こうした事を避けるためにも、
座浴やシャワーを使用し、お湯で汚れを流すという事が
非常に効果を発揮します。

この座浴によって、症状の改善が早くみられるようになるケースが多いので
是非とも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

2015年2月11日 おむつかぶれの症状が続く期間はどのくらいでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの症状