おむつかぶれによる肌の傷付きを抑えるいい方法はありますでしょうか?

おむつかぶれによる肌の傷付きを抑える方法としては、
ワセリンを塗ることが効果的でしょう。

おむつを履いていると、湿気により肌がふやけた状態となり
おむつとの擦れにより傷付きやすい状態となっています。

ただでさえ、乳幼児の肌は敏感であり、傷つき易いので、
特に、擦れに対する注意が必要ですね。

この擦れを和らげる為に
ワセリンが効果的であると言われております。

ワセリンは石油から得られた物質であり
切創、熱傷、ひび割れ、乾燥肌といった肌の表面が傷付けられた状態や
アトピー性皮膚炎をはじめとする各種皮膚疾患に対する保護材として
汎用されており、ドラッグストア等でも容易に購入できる薬の一つです。

代表的な使用方法としては、
リップクリームがあります。

リップクリームの用途からも分かるように、
乾燥を抑えてくれたり、ヒビ割れを防いでくれたりしますよね。

こういった特徴により、肌の傷つきを抑える事が出来るんですね。

また、副作用が少ない事も
安心して使用する事が出来るメリットですね。

但し、注意したい点としては、
塗りすぎたり、長期間塗りっぱなしだと
皮膚呼吸を妨げ、治癒能力を妨げてしまいますので注意してくださいね。

また、ワセリン自体におむつかぶれを治癒させる効果が
あるわけではありませんので、
ワセリンを塗っていれば治ると考える事もやめましょう。

スポンサードリンク

2015年2月11日 おむつかぶれによる肌の傷付きを抑えるいい方法はありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法