おむつのサイズとおむつかぶれには関係がありますでしょうか?

おむつのサイズとおむつかぶれには関係があります。

主に二つの理由として、おむつのサイズが関係しますので、
御説明致します。

一つ目は、締め付けによるおむつかぶれの発症です。

おむつにはおしっこやうんちの漏れ防止として、
お腹周りや太もも周りにギャザーが付いていますよね。

このギャザーが肌と擦れたり、
肌を締め付ける事によっておむつかぶれを発症します。

大人の方でも、締め付けの強い靴下や下着を身につけると
かゆみを生じる事があると思います。

大人の場合であれば、長くても1日我慢すれば、
締め付けから解放されますが、
赤ちゃんの場合は1日では済まないですもんね。

ですから、この締め付けを緩和してあげたり、
時には解放してあげる事が重要になってきます。

では、サイズとしては、どのような基準で選べばよいのでしょうか?

サイズとしては、おむつを履かせた時に、
お腹とおむつの間、太ももとおむつの間に
それぞれ人差し指2本分位入るのがちょうどいいと言われております。

男性と女性では指の太さが違いますので、
あくまで参考にはなってしまいますが。

とにかく、締め付けすぎず、緩すぎずがいいわけですね。

二つ目の理由としては、緩すぎによるおむつと肌との擦れです。

おむつが緩すぎてしまうと、動くたびに肌が擦れ、
肌が刺激されるだけでなく、傷付くこともあります。

こうした刺激や傷がおむつかぶれを
発症することに繋がるのです。

おむつのサイズとしては、先にも説明しましたが、
お腹とおむつの間、太ももとおむつの間に
それぞれ人差し指2本分位入るようなサイズを選んであげるようにしましょう。

スポンサードリンク

2015年2月1日 おむつのサイズとおむつかぶれには関係がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの予防法