おむつかぶれの発生を抑えるケア方法はありますでしょうか?

おむつかぶれの発生を抑えるには、おむつ内の湿気から解放させてあげたり
座浴や霧吹きでおしりを清潔に保ってあげる事が非常に重要となります。

そもそも、おむつかぶれの原因はおむつ内の湿気によって、
おしっこやうんち内に潜んでいる細菌が繁殖したり
ふやけた肌がおむつやおしり拭きと擦れる事により
傷付けられる事によって発症する事が多い病気です。

おむつ内の湿気に関しては、
おむつを履いている間は逃げようのない問題ですよね。

ですから、おむつ替えの際には
少しでも長い時間おむつから解放させてあげる事で
蒸れによるストレスを和らげてあげる事が出来ます。

おむつやおしり拭きとの擦れによる肌の傷付き対策としては
座浴や霧吹きで汚れを洗い流してあげる事が非常に効果的です。

座浴や霧吹きの使用では、
こびり付いたうんちも浮かして洗い流してあげる事が出来ますので、
肌を無理に擦って、傷つけてしまうという事を避ける事が出来るんですね。

面倒な行為かもしれませんが
座浴や霧吹きはかなり効果がある作業だと私の経験から言える事です。

もちろん、先に述べたような事だけではなく、
食事による影響もある場合がありますので
上記の内容を予防の一つとして試してみて下さいね。

スポンサードリンク