おむつかぶれがひどい場合の対処方法にはどのようなことがありますでしょうか?

肌が傷付き、かさぶたが出来たり、出血している場合は、
おむつとの擦れによりひどい痛みを生じますので
赤ちゃんは大泣きするでしょう。

こんな時は、おむつとの擦れを軽減すべく
ワセリンを塗ってあげる事が効果的でしょう。

ワセリンは石油から精製された物質であり、
赤ちゃんでも安心して使用できる点がお勧めです。

ワセリンの代表的なものとしては、
リップクリームがあります。

リップクリームは唇の保湿をしてくれたり、
乾燥によってヒビ割れの様な状態になってしまうのを
防いでくれますよね。

他にも、ワセリンは、ボクシングの試合で
選手が顔に塗ったりするものでもあります。

こうした事からも、ワセリンが如何に安全な薬であるかがわかると思います。

ワセリンの特徴としては肌の表面に油膜を作り
摩擦や刺激を軽減してくれるということです。

しかしながら、注意したい点として、
ワセリンはあくまでもただの油であり、治癒能力が無いという事です。

また、塗りすぎてしまうと皮膚呼吸を妨げてしまい
自然治癒を妨げてしまう事もありますので注意してくださいね。

上記はあくまでも、暫定処置として考えて頂き、
基本的には、医師の診察を受けるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

2015年2月11日 おむつかぶれがひどい場合の対処方法にはどのようなことがありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法