おむつかぶれの経過について教えて頂けないでしょうか?

おむつかぶれの初期症状である肌の赤み程度であれば、
薬を塗ってから2、3日で改善が見られるでしょう。

この時のケア方法としては、
市販薬の薬を塗るだけでも十分です。

しかしながら、軽い赤み程度の症状でも、
おむつ替えをなかなかしなかったりおしり拭きで強く擦ったりすると
おむつかぶれを悪化させてしまうので
なかなか改善が見られない事もあります。

おむつかぶれだと思われる場合は、
おしっこやうんちをしたら出来るだけ早く
おむつ替えをしてあげましょう。

では、薬を塗ること以外で出来るケア方法にはどのような事があるのでしょうか?

薬を塗ること以外で最も効果的な行為が 座浴です。

座浴は、お湯をはった洗面器や洗面台に赤ちゃんを座らせ、
お湯で汚れを流す行為です。

座浴のメリットとしては、おしり拭きなどでお尻を擦る必要が無く
肌への刺激を抑える事が出来るという点です。

赤ちゃんの肌は非常に敏感であり、
ちょっとした擦れや刺激で簡単に傷ついてしまいます。

座浴によって、症状の改善が早く進んだという方も多い事から、
座浴は非常にお勧めのケア方法です。

もしも、1週間~10日経っても改善が見られない場合は
カンジダ菌による炎症が懸念されますので
医師の診察を受ける事をお勧めします。

スポンサードリンク

2015年2月11日 おむつかぶれの経過について教えて頂けないでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの症状