新生児のおむつかぶれに対して効果的なケア方法はありますでしょうか?

新生児のおむつかぶれに対して最も効果的なケアは
座浴を行うという事でしょう。

座浴はお湯をはった洗面台や洗面器に赤ちゃんを入れ、
お尻だけ洗ってあげるという行為です。

では、なぜ座浴が効果的なのでしょうか?

乳幼児の肌は非常に敏感であり、
おしり拭きによって擦られると、簡単に傷ついてしまいます。

この傷つきを避ける為には、
お湯で汚れを浮かせて流すという事が
非常に大きなポイントになるんです。

お湯を掛けてあげるだけで、汚れは流れますし、
こびり付いたうんちなどでも、
手で優しく擦ってあげるだけで簡単に落とせます。

こうした事から、肌に対するストレス、負担を
かなり 軽減してあげる事が出来るのです。

その他のケアとしては、 乾燥対策が有効となります。

新生児は特に肌が敏感ですので、 クリームやオイルを塗ってあげ
肌を守ってあげる事が効果的です。

肌が乾燥しているとどうしても傷つき易くなってしまいますので、
お風呂上がりには、クリームやオイルで保湿してあげるようにしましょう。

ただし、クリームやオイルを塗りすぎる事により、
逆に湿気を高めてしまう事がありますので、
その点には注意しましょう。

湿気が高くなると、肌がふやけたり、
細菌の繁殖に繋がってしまいますので、
塗り過ぎないよう気をつけましょうね。

スポンサードリンク

2015年2月11日 新生児のおむつかぶれに対して効果的なケア方法はありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法