おむつかぶれは一歳半の子供でも発症しますか?

おむつかぶれは一歳半の子供でも発症します。

一歳半の子供といえば、走り回ったり、遊びに夢中になったりと
非常に活発に動くようになる年頃ですね。

特に、走り回ったり、遊びに夢中になると、それ一つだけに夢中になり、
他の事についてはほとんど意識しなくなる様ですね。

では、こういった一つのことに夢中になる事と
おむつかぶれにはどの様な関係があるのでしょうか?

おむつかぶれの原因はおしっこやうんち、汗によって
おむつ内の湿度が上昇し、細菌が繁殖したり
肌がふやけて傷つき易くなる事によって発症します。

こういった理由からおしっこやうんちをした時には、
出来るだけ早くおむつ交換をしてあげる事がいいわけですね。

しかしながら、遊びに夢中になっていると
おしっこやうんちをした事を忘れたり、
おしっこやうんちの気持ち悪さ以上に遊びたいという欲求にかられ
結果的におむつ交換をせずに遊び続ける事になります。

これが、おむつかぶれ発症に対して最も悪影響を及ぼします。

では、一歳半の子供に対してはどのようなおむつかぶれ防止対策を
取るべきでしょうか?

私たち親に出来る事としては、こまめに声掛けをしてあげるということです。

「おしっこやうんちは出てない?」「おむつ気持ち悪くない?」などと
こまめに聞いてあげるようにすると、
おしっこやうんちをした事を思い出させてあげる事が出来ます。

一歳半の子供ですと、知恵がつき、嘘をつく事も覚えてきますので、
おしっこやうんちをしているにも関わらず、
していないと嘘をつく事もあるでしょう。

そんな時には、おむつ交換をする事によって気持ちよくなるという
喜びを伝えてあげる事が有効ですね。

一歳半の子供に対しては、こまめに声掛けする事によって
おむつかぶれの発症を防止する事が出来るでしょうから、
できるだけこまめに声かえしてあげましょうね。

スポンサードリンク

2015年2月1日 おむつかぶれは一歳半の子供でも発症しますか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの予防法