おむつかぶれと通気性は関係があるのでしょうか?

おむつかぶれと通気性は非常に関係があります。

そもそもおむつかぶれは、おむつ内の湿気が上がり、
肌がふやけておむつとの擦れにより肌が傷付いて発症したり、
おしっこやうんちに含まれる細菌の繁殖によって肌が刺激を受け発症したりします。

ですから、この湿気を極力抑えてあげる事で
おむつかぶれになり難くしてあげる事が出来るんです。

では、どのようにして湿気を抑えればよいのでしょうか?

最近のおむつは各メーカ共に
通気性を確保しようと様々な工夫をしてくれていますよね。

しかしながら、肌の上に布や紙を身につける以上
湿気がこもるのはやむを得ないですよね。

湿気からの解放を手助けするという意味では
おむつ替えの際におしりの水分をよく拭きとってあげることや
うちわで仰いであげる事が非常に効果を発揮するのです。

おむつ交換の際に余分な水分を拭き取る方法ですが、
ティッシュを軽くお尻に押し付け、
余分な水分を吸収させるようにします。

この時、ティッシュで肌を擦る事は絶対にやめましょう。

肌を擦ってしまうと、肌が傷付き、
傷口から炎症を起こしておむつかぶれに繋がってします恐れがありますので
十分注意しましょうね。

また、おむつ交換の際には、直ぐにおむつを履かせるのではなく、
数分間裸のまま居させてあげる事で、
肌の余分な水分を乾かしてくれ、湿気からのストレスも
解消させてあげる事ができます。

スポンサードリンク

2015年2月11日 おむつかぶれと通気性は関係があるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの原因