おむつかぶれの対策としては、どのようなことを実施すればよろしいでしょうか?

おむつかぶれの対策としては、様々な方法があると言われておりますが、
ここでは、手軽に実践でき、非常に効果的な内容を紹介させて頂きます。

・座浴

座浴は、おむつ替えの際に洗面器に張ったお湯に
座らせるように入れ、お尻だけ洗うようにします。

洗う際は、新生児用のシャンプーを使用したり、
お湯だけで洗う時など、どちらの場合でも結構です。

座浴は、汚れを洗い流すという行為ですから、
肌を強く擦る必要が無い為、赤ちゃんの負担をかなり軽減する事が出来ます。

 

霧吹きで洗い流す

霧吹きで洗い流すという行為は、
先にも説明しました、座浴と似た内容です。

霧吹きの使用方法としては、うんちをした際におしり拭きで拭きとる事よりも先に、
先ずは霧吹き等でお湯を吹き付け、
洗い流してからおしりを拭き取るようにします。

これも、座浴の時と同様で、汚れを落とすのに、
肌を強く擦る必要が無い為、赤ちゃんのストレス低減や
肌への負担を減らす事が出来ますので、非常に効果的です。

 

おむつ替えの際にしっかり乾燥させる

おむつ替えのタイミングは唯一おむつの蒸れから解放される時です。

ですから、おしり拭きの水分がしっかり乾くのを待ち、
また、うちわや手で仰ぐようにして
風を送りおしりを乾燥させてからおむつを履かせるようにします

座浴に関しては、毎回行うことは大変ですが、
霧吹きやしっかり乾燥させるということは簡単に出来る内容ですよね。

ちょっとした事でも十分におむつかぶれの対策が出来ますので
是非、実践してみて下さいね。

スポンサードリンク

2015年2月1日 おむつかぶれの対策としては、どのようなことを実施すればよろしいでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの予防法