おむつかぶれに処方されるロコイドとは、どの様な薬でしょうか?

ロコイドについてご紹介致します。

【メーカ】
鳥居薬品株式会社

【効能・効果】
湿疹、皮膚炎、乾癬などの赤み、はれ、かゆみの症状を改善

【薬の特徴】
ロコイドはステロイド外用薬であり
4群のミディアムに属しております。

4 群ミディアムということから薬の強さとしては比較的弱く、
子供や赤ちゃんにも使用される薬の一つです。

また、薬の強さが弱い事から、
顔や陰部などの部位にも比較的安心して使用することができます。

主に使用される症状の状態としては、
軽度の症状に用いられる事が多い薬です。

ステロイド外用薬ということから、
細菌や真菌(カビ)による炎症には使用してはならないとされております。

ロコイドは4群のミディアムに属している事から、
副作用の発症としても比較的少ない薬です。

しかしながら、ステロイド薬ということから、
使用に際しては、下記の様な事に注意するようにしましょう。

・長期間の使用
10日間~2週間程度使用しても、症状の改善が見られない場合には
直ぐに使用を中止しましょう。

・大量塗布
患部のみでなく、患部周辺に広範囲に塗布すると、
体内への吸収が進んでしまい副作用を引き起こす原因となります。

・顔、首、陰部への長期、大量塗布
顔や首、陰部周辺は、皮膚が薄いなどの理由から、
体内への薬の吸収が早いとされており、
これらの部位に使用する場合には、用法、用量をしっかり守り、
長期間の使用は避ける様に注意しましょう。

何れの場合にしても、
ステロイド薬の使用については、医師、薬剤師の説明をしっかり聞き、
副作用の発症を防ぎ、薬の効果をしっかり発揮させるべく、
注意して使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

2015年2月27日 おむつかぶれに処方されるロコイドとは、どの様な薬でしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの薬