おむつかぶれにお茶は有効でしょうか?

おむつかぶれに対してお茶は有効でしょう。

具体的なお茶の使用方法についてですが、
お茶の使用としては、体を拭くときに有効になります。

では、お茶のどの様な成分がおむつかぶれに対して有効なのでしょうか?

お茶にはカテキンという成分が含まれている事は
多くの方が御存知だと思います。

このカテキンがおむつかぶれに対して
非常に効果を発揮するんですね。

そもそも、おむつかぶれの原因の一つに、
細菌の影響があります。

細菌は、おしっこやうんちに潜んでおり、
おむつ内の湿気が籠ったりすると
細菌が繁殖してしまいます。

細菌が繁殖する事によって、肌が刺激を受け、
また、傷口などから細菌が入って炎症を引き起こす事もあります。

ですから、この細菌を殺菌する事によって、
おむつかぶれの発症を抑える事が出来ますし、
症状の進行自体も抑える事が出来るんですね。

では、お茶はどのように使用すればいいのでしょうか?

お茶の使用方法としては、
おむつ交換の際に、お茶を薄めたもので
軽くお尻を拭いてあげるようにしましょう。

これによって、カテキンの殺菌効果により
細菌を綺麗に拭き取ったり、繁殖を予防する事が出来るんですね。

お茶の種類や注意点はありますでしょうか?

お茶の種類としては、緑茶が最も効果的でしょう。

緑茶には多くのカテキンが含まれておりますので、
殺菌力としては、ウーロン茶や麦茶とは比べ物にならないくらい
効果を発揮するでしょう。

お茶を使用する際の注意点としては、
古くなった茶葉を使用したお茶を使用しない事ですね。

古くなった茶葉によって出したお茶を使用すると、
逆に肌がかゆくなったり、赤くなったりする可能性がありますので
十分注意するようにしましょう。

夏にお茶を使用する際には、
朝一番でお茶を作っておき、冷蔵庫などで冷やしておくと、
使用するときに肌がスッキリするので、
乳幼児の気持ちよさにも繋げてあげられますので
試してみては如何でしょうか。

 

スポンサードリンク