おむつかぶれは冬でも発症しますでしょうか?

おむつかぶれは冬でも発症することがあります。

冬に発症するおむつかぶれの原因としては、
肌の乾燥が関係していることが多くあります。

では、なぜ肌が乾燥するとおむつかぶれになりやすいのでしょうか?

肌が乾燥してしまうと、おむつとの擦れによって
肌が傷付きやすくなってしまいます。

ですから、肌を乾燥させないということが重要になってくるのです。

肌が乾燥してしまう理由にはどのようなことがあるのでしょうか?

肌が乾燥してしまう大きな原因は、
お風呂のお湯や石鹸によって肌表面の油分が減ったり、なくなってしまうことです。

大人の方もお風呂上りには肌が乾燥したり、
突っ張ったりする事があると思います。

あれと同じで、乳幼児も肌が乾燥したり突っ張ったりします。

 

では、どのような対策を行えばよいのでしょうか?

肌を乾燥させない為の方法の一つとしては、
保湿クリームやオイルを塗ってあげることです。

お風呂上りに水分をしっかり拭き取り、
クリームやオイルを塗ってあげるようにしましょう。

他の方法としては、保湿効果のあるボディソープを使用することも一つの手です。

殺菌力も確保しつつ、保湿効果も確保したソープというものも
最近では販売されておりますので、こういった商品を使用してみるのもいいですね。

スポンサードリンク

2015年2月27日 おむつかぶれは冬でも発症しますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの予防法