おむつかぶれによる湿疹に効果的な対処法はどのような事がありますでしょうか?

おむつかぶれによる湿疹に対しては、二つの面から対処法があります。

一つ目は、おむつ交換の際に行う対処方です。

おむつかぶれは、おしっこやうんちに含まれる
アンモニア成分や細菌が肌を刺激する事によって発症したり、
傷口などから細菌が侵入する事によって発症したりします。

また、おむつとの擦れによる肌の傷つきや、
おしり拭きによる擦れによって肌が傷つくことによって
発症したりします。

こうした事から、肌への刺激を極力抑えてあげる事が必要になります。

おむつ交換の際には、お尻拭きでおしりを拭きますよね。

おしり拭きは比較的柔らかい紙で出来ており、
肌への刺激は少ないとされております。

しかしながら、デリケートな赤ちゃんの肌は、
おしり拭きの擦れによって簡単に傷ついてしまいます。

ですから、お尻拭きで擦らないという事が重要になります。

では、どのようにしたら擦らずに汚れを落とせるのでしょうか?

擦らずに汚れを落とす方法としては、
座浴やシャワーを使用するという事です。

座浴やシャワーはお湯によって汚れを洗い流しますので、
肌を擦るという事を避ける事が出来ます。

この行為によって、肌への刺激を激減させる事が出来ますので、
おむつかぶれの防止、改善に非常に大きな効果を発揮します。

二つ目に、お風呂上がりには、保湿を行うという事です。

蒸れによって発症する印象のあるおむつかぶれにとっては、
保湿は逆に蒸れを作ってしまうと思われがちですが、
保湿は非常に重要な行為なのです。

肌は乾燥すると、おむつとの擦れによって簡単に傷ついてしまいます。

ですから、適度に肌が潤っている事によって、
傷つきを軽減する事が出来ます。

では、どのようにして保湿をしたら良いのでしょうか?

お風呂上りには、保湿クリームやオイルを塗ってあげるようにしましょう。

これによって、肌の潤いを確保する事が出来、
乾燥による傷つきを抑制する事が出来ます。

もちろん、クリームの塗り過ぎは、
蒸れの原因になりますので適度に塗るようにしましょう。

スポンサードリンク

2015年3月4日 おむつかぶれによる湿疹に効果的な対処法はどのような事がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法