おむつかぶれは何科に相談するべきでしょうか?

乳幼児のおむつかぶれであれば、
先ずは小児科に相談するようにすればいいでしょう。

小児科では、多くの乳幼児の診察を行なっておりますので、
各月齢や年齢に起こりうる病気や症状について詳しく知っております。

このことから、乳幼児のおむつかぶれであれば、
どのような症状が発生し、どのような対策が効果的であるかなど
様々なアドバイスをしてくれます。

また、受診する側としても、風邪などで日頃受診している掛かりつけ医に相談する方が
安心することができますよね。

こうしたことから、小児科に受診すればまずは問題ないと言えます。

もちろん、小児科に受診し、処方薬を塗って処置をする事で、
おむつかぶれが完治するというケースがほとんどでしょう。

ただし、血がにじんだり、膿がでるなど、
重度の症状やカンジダ菌によるおむつかぶれなどでは、
小児科で対応できないケースも出てきます。

そのような時には、皮膚科に相談するようにするといいでしょう。

皮膚科を受診するにしても、まずは、小児科に相談し、
小児科の医師に皮膚科を紹介してもらうような形で皮膚科を受診したほうが、
スムーズに診察を受けられますので、そのように対応してみてはいかがでしょうか。

いずれにしても、受診する医療機関に迷った場合には、
一人で悩まず、小児科や皮膚科に診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク