おむつかぶれによって肌がただれた場合の対処法とはどのような事がありますでしょうか?

おむつかぶれによって肌がただれる様な場合には、
座浴をする事が非常に有効な手段です。

座浴は洗面器や洗面台などにお湯をはり、
その中に赤ちゃんを座らせて、
お尻だけ洗う事を言います。

座浴のメリットとしては、
汚れをお湯によって洗い流す事が出来、
汚れを落とす時に肌を強く擦る必要が無いという事です。

赤ちゃんの肌は非常にデリケートであり、
ちょっとした擦れによって、簡単に傷ついてしまいます。

傷ついた肌から、おしっこやうんちに潜んでいる細菌が侵入したり、
おむつとの擦れが発生する事によって、
おむつかぶれを発症してしまいます。

ですから、肌を擦らないという事は
おむつかぶれの予防に対して、非常に重要な内容なんですね。

座浴を行う際には、石鹸を使用してもしなくてもどちらでも問題はありませんが、
石鹸を使用する方が、細菌の残りを無くし易くする事が出来ますし、
肌を清潔にすることが出来ますので、石鹸を使用する事をおすすめします。

肌がただれている様な状態では、
膿みや汁が付着し、とびひの様な症状に繋がる可能施がありますので、
とびひの予防としても、座浴によってしっかりと洗い流す事が有効になるんですね。

石鹸を使用する場合には、
殺菌力が強すぎる様な石鹸を使用するのは避け、
保湿効果などを持っているベビーソープを使用する事をオススメします。

保湿効果を持っているベビーソープを使用する事で、
肌のカサカサやかゆみを抑制する事が出来ますので、
こうした点でも、赤ちゃんのストレスを軽減し、
おむつかぶれの発症予防、症状改善に繋げる事が出来ます。

スポンサードリンク

2015年5月12日 おむつかぶれによって肌がただれた場合の対処法とはどのような事がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法