おむつかぶれにチンク油を塗っても問題ないでしょうか?

おむつかぶれに対してチンク油を使用する事は全く問題ありません。

チンク油は亜鉛華に等量のオリーブオイルを混ぜて作られた物であり、
炎症を抑える事に対して非常に効果があると言われております。

こうした事からもチンク油はおむつかぶれに対して有効だと言えるでしょう。

私は実際にチンク油を使用した事が無いので、
絶対的に効果があるとオススメ出来ませんが、
亜鉛華軟膏の使用経験がありますので少し紹介させて頂きます。

息子が生後4ヶ月くらいの事です。

季節としては夏の暑い時期で、
非常に汗をかき易く、おむつの中も蒸れており、
肌がふやけてしまうような状況でした。

おむつかぶれの症状としては、
肛門周辺に赤みを帯びており、
お尻には小さなブツブツが発生していました。

小児科の診察をうけたところ、
亜鉛化軟膏を処方され、
お風呂上りやおむつ交換の際に塗るようにしていました。

亜鉛化軟膏を塗るようにしてからは、
3、4日程度で症状の改善が見られ、
1週間もしないうちに完全に治りました。

こうしたことからも、私の息子の場合には、
亜鉛化軟膏の効果があったのではないかと思われます。

また、薬を塗るのとは別で、
座浴を行うようにしていました。

座浴のやり方としては、洗面器にお湯を入れ、
その中に赤ちゃんを座らせるように入れて
お湯で汚れを洗い流すという流れです。

お湯で汚れを洗い流すことにより、
肌を擦るという刺激を抑えることが出来ますので、
赤ちゃんの負担としても非常に軽減することが出来ます。

座浴の際には、保湿効果のあるベビーソープを使用しました。

これによって肌のカサカサという症状も防ぐことが出来ましたので、
ケアとして座浴をすることもお勧めですよ。

スポンサードリンク

2015年5月24日 おむつかぶれにチンク油を塗っても問題ないでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの薬