おむつかぶれによって痛がる場合の対処法にはどの様な事がありますでしょうか?

おむつかぶれによって痛みを感じる主な理由としては、
おむつとの擦れによる痛みです。

おむつかぶれによって肌表面に傷が出来たり、
肌が炎症を起こす事によって、
ちょっとした刺激に対して強い痛みを感じます。

この様な状況で最も効果的な事が、
ワセリンを塗って肌への刺激を抑えるという事です。

ワセリンは石油から精製された物質であり、
とても一般的に使用されている薬です。

私たちの身近なところで言いますと、
リップクリームが有名ですね。

リップクリームは唇の乾燥を防ぐ為に唇に塗りますよね。

唇に塗る事が出来るという事からも分かる様に、
ワセリンは非常に安心して使用する事が出来る薬であり、
赤ちゃんや幼児でも安心して使用する事が出来ます。

ワセリンの特徴としては、肌表面に油膜を作り、
水分が逃げる事を防ぐという事です。

また、肌表面に油膜を作り事によって、
外からの刺激を抑える事ができ、
肌への刺激を緩和してくれる事が出来ます。

おむつかぶれの際に有効となるワセリンの特徴が正にこれで、
外からの刺激、つまり、おむつとの擦れを抑えてくれる事により、
肌の痛みを抑える事が出来るんですね。

ワセリンを塗る事で肌とおむつとの間に油膜を作る事が出来ますので、
刺激を抑える事が出来、痛みを緩和してあげる事が出来ます。

ワセリンを使用する方法としては、
肌表面の汚れをしっかり取った後、
肌の広い範囲にワセリンを塗るようにすると
有効的に痛みを緩和する事が出来ます。

ワセリンを塗る際には、しっかり汚れを取るという事を忘れないでくださいね。

汚れが付いたまま、ワセリンを塗ってしまうと、
肌とワセリンの間に汚れや細菌が残る事になり、
肌への刺激を発生させる事になってしまいます。

ですから、ワセリンを塗る際には、
しっかり汚れを取ってから、塗ってあげるようにしましょうね。

他にも、ワセリンを塗り過ぎない事や、
ワセリンを塗った状態で2、3日放置しない事が重要ですので、
注意してくださいね。

ワセリンは油膜を作る事から、
皮膚呼吸を妨げる事にも繋がってしまいますので、
1日一回は洗い流してあげ、
肌をすっきりさせてあげる事を心がけましょうね。

スポンサードリンク

2015年5月11日 おむつかぶれによって痛がる場合の対処法にはどの様な事がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法