おむつかぶれに椿油を塗る事は効果的でしょうか?

おむつかぶれに対して、椿油を塗る事は一定の効果があると思われます。

椿油には肌を保湿する効果があり、
スキンケアとして非常に有名ですよね。

友人が子供のおむつかぶれに対して使用した際の事を
少し紹介させて頂きますね。

子供が生後6ヶ月頃の事ですが、
季節としては冬の肌が乾燥し易い時期でした。

おむつかぶれの症状が現れたのは、
太ももやお腹周りと行ったギャザーがついている部分でした。

冬で肌が乾燥し易いということもあり、
肌表面はカサカサしており、
ギャザーとの擦れによって少し傷ついた様な状態となっておりました。

肌表面は赤みを帯び、
お尻拭きなどで拭くと痛がったり、
また、かゆいのか手で擦る様な動きをしていました。

小児科の診察を受けると、
肌の乾燥がおむつかぶれの症状に対して良くないということであり、
保湿する事を勧められました。

友人がこの際に使用したのが椿油です。

椿油には保湿効果があり、
肌に直接塗る事はもちろん、
お風呂に入れることも効果があるということです。

椿油を塗るようにしてからは、
肌に潤いが保たれるようになり、
カサカサも少しずつ治まり、
おむつかぶれとしては1週間程度で完治しました。

その後も椿油を塗る事で肌の乾燥を抑えることが出来、
その冬はおむつかぶれを再発する事は無かったようです。

今回の症状としては、
肌の乾燥がおむつかぶれに影響を及ぼしたケースですが、
蒸れによっておむつかぶれを発症している様な状況では、
椿油を塗るのではなく、極力乾かしてあげる事が有効になりますので、
状況によって使い分けるようにしましょうね。

スポンサードリンク

2015年5月22日 おむつかぶれに椿油を塗る事は効果的でしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの薬