おむつかぶれがなかなか治らない場合の対処法としてはどのような事がありますでしょうか?

おむつかぶれがなかなか治らない場合の対処方として最も有効なのが、
座浴をするということです。

座浴とは、洗面器や洗面台にお湯をはり、
その中に赤ちゃんを座らせるようにして入れ、
お湯でおしっこやうんちを洗い流す行為の事です。

座浴をする際には、石鹸を使用してもしなくてもどちらでも問題ありませんが、
石鹸を使用した場合のほうが、汚れをしっかり洗い流す事が出来ますので、
石鹸を使用する事をおすすめ致します。

石鹸を使用する事のメリットとしては、
おしっこやうんちに含まれている酵素や細菌をしっかり洗い流す事が出来、
肌に残る酵素や細菌の影響を無くす事が出来るからです。

そもそも、座浴がなぜ有効であるかについてですが、
おむつ交換の際にお尻拭きでお尻を拭くという行為が、
肌への刺激につながり、おむつかぶれを長期間長引かせてしまう
要因の一つになっているのです。

お湯で流す事によって、お尻を擦る刺激を与えずに、
汚れをしっかり洗い流す事が出来ますよね。

お湯で洗い流すという簡単な行為によって肌への刺激を防ぐ事が出来、
肌への負担を減らす事で、おむつかぶれの改善に繋げる事が出来るんです。

座浴をする際の注意点としては、
殺菌力の強すぎる石鹸を使用しないという事です。

石鹸などで肌を洗った場合、
肌が突っ張る事や、乾燥する事を感じる方は多いと思います。

赤ちゃんの肌にも同様の事が言えますし、
赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートな為、
より一層、突っ張り感や乾燥が現れてしまいます。

突っ張り感を生じたり、カサカサ肌となる赤ちゃんの症状を防ぐ為にも、
保湿成分を含む様な石鹸を使用する事が有効になります。

赤ちゃん用品点などでは、
様々な乳幼児用のソープが売られていますので、
保湿成分を含む様な物を使用し、
カサカサになる事を防いであげるようにしましょうね。

スポンサードリンク

2015年5月4日 おむつかぶれがなかなか治らない場合の対処法としてはどのような事がありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法