おむつかぶれになっている際は入浴剤の入ったお風呂に入れない方がいいでしょうか?

おむつかぶれを発症している際には、
入浴剤の入ったお風呂に入れない方が良いでしょう。

私の実体験としても、
おむつかぶれを発症している時には
入浴剤の入ったお風呂に入れるべきではないと考えております。

息子がおむつかぶれを発症していた時の事ですが、
入浴剤のお風呂に入れる事で、
肌の炎症の回復に繋がるのでは無いかと考え、
入浴剤の入ったお風呂に入れてみました。

しかしながら、入浴剤の刺激によって、
激しく泣き叫んでしまったのです。

入浴剤の入っていないお風呂に入れた時には、
そこまで激しく泣き叫ぶ事は無かったのに
入浴剤を入れる事によって強い刺激を受けたのでは無いかと考えられます。

大人の方でも、入浴剤の入ったお風呂に入ると、
傷口が痛む事があると思います。

これと同じで、赤ちゃんのおむつかぶれに対しても同じ状況となり
肌の刺激によって赤ちゃんが泣き叫ぶ事に繋がると考えられます。

入浴剤には肌の改善効果があるものが存在しますが、
デリケートな赤ちゃんの肌に対しては、
極力使用しない方が良いと思われます。

泣き叫ぶ様な状態とならない場合でも、
肌に赤みが発生するケースや発疹が出るケースなどもありますので、
入浴剤が入ったお風呂に入る場合には、十分注意しましょうね。

スポンサードリンク

2015年5月27日 おむつかぶれになっている際は入浴剤の入ったお風呂に入れない方がいいでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法