おむつかぶれによって眠れないときの対処法はありますでしょうか?

おむつかぶれによって眠れない時の対処法としては
ワセリンを塗る事が有効でしょう。

おむつかぶれを発症している時に
下記の様な事を経験された方は多い事でしょう。

・抱っこしていると寝るのに、布団に寝かそうとすると起きてしまう
・夜中に突然激しく泣いたと思ったら、おしっこをしただけだった
・夜中におむつ交換をすると、痛みによって眠気が覚め、寝付かなくなる

この様な経験をされた事がある方は多いと思います。

私自身も息子がおむつかぶれになった際には、
夜中によく起こされ、寝かせてもらえない様な
経験を何度もした事を思い出します。

その時に行ったケアとしては、
ワセリンを患部に塗るという事です。

おむつかぶれによって眠れない主な原因は
おしっこやうんちによって傷口がしみることや
おむつと擦れる事によって痛みを生じる事です。

ですから、これらの痛みをいかにして和らげてあげるかという事が、
非常に重要になってきます。

こんな時に患部にワセリンを塗る事で、
おしっこやうんちによって患部を刺激される事から守ったり、
おむつとの擦れを防止する事が出来るのです。

ワセリンは石油から精製された物質であり、
リップクリームなどにも使用されている
非常に安心して使用する事が出来る薬です。

ワセリンの特徴は、皮膚表面に油膜を作り、
外的刺激から皮膚を守ってくれるという事です。

この作用によって、患部を守ってくれますので、
痛みを和らげてあげる事ができ、
赤ちゃんの負担を軽減し、眠りを手助けする事が出来るでしょう。

また、おむつ交換の際には、霧吹きや座浴によって
お湯で汚れを洗い流す事も非常に有効的ですので、
お尻拭きで擦らず、洗い流してあげる事も心がけて下さいね。

スポンサードリンク

2015年6月9日 おむつかぶれによって眠れないときの対処法はありますでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法