おむつかぶれによって膿が出てきた場合は、どのような対応を取るべきでしょうか?

おむつかぶれによって膿が出てきた場合は、
先ずは医師の診察を受けることをお勧めします。

膿が出る様な症状は比較的症状が重い状態と言えますので、
自分自身で判断したり、市販薬で対応する事は極力控え、
医師の診察を受けるようにしましょう。

では、膿が出る様な症状はどのような状態なのでしょうか?

膿が出る症状としては、肛門周囲膿瘍というものがあり、
症状としては、肛門の周りが赤く腫れ、
膿をもつようになる病気です。

生後1カ月前後から1歳位の赤ちゃんでもよく見られる病気であり
珍しい病気というわけではありません。

おむつかぶれが原因による肛門周囲膿瘍は
症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す事が多く、
また肛門以外への広がりも発生する事があります。

症状がひどくなると、皮膚を切開し
膿を出して治す必要が出てくる為、
手術をしなければならない時もあります。

対策としては、おむつ替えをこまめに行う事や
座浴をして肌を清潔に保つ事です。

何れにしても、肛門周囲の赤みや膿が見られた場合には、
直ぐに医師の診察を受けることをお勧めします。

スポンサードリンク

2015年2月10日 おむつかぶれによって膿が出てきた場合は、どのような対応を取るべきでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法