おむつかぶれになった際にベビーパウダーを使用することは有効でしょうか?

おむつかぶれを発症した際に、
ベビーパウダーを使用する事は非常に効果があります。

特に夏の暑い時期で、汗をかき易く、
おむつ内の湿度が上がり易い時期には、
ベビーパウダーが非常に効果を発揮します。

ベビーパウダーの特徴は、肌表面の余分な水分を吸収し、
空気中に発散してくれることです。

この様な特徴から、汗を吸収し、肌をサラサラに保ってくれる効果があります。

私も実際に使用した経験があり、
ベビーパウダーの良さを実感しました。

夏の暑い時期に、息子がおむつかぶれを発症した時の事です。

お風呂上りやおむつ交換の際に汚れをしっかりと拭き取り、
余分な水分をティッシュで取った後、
パウダーを肌全体に付けるようにしました。

パウダーを付けるようにしてからは、
おむつ交換の際にも肌が比較的サラサラな状態を維持しており、
蒸れによって肌がふやけているという状況はほとんどありませんでした。

肌の蒸れが抑えられる事によって、
肌がふやけて傷つき易いという状況も避ける事ができ、
おむつかぶれとしても、4、5日で改善する事が出来ました。

ベビーパウダーを使用する時の注意点としては、
肌表面の汚れをしっかり取る事や
1日1回は必ず洗い流してあげるという事です。

パウダーを付けたまま長期間(数日間)居ると、
毛穴を塞いでしまい、毛穴から炎症を起こしてしまう事に繋がります。

ですから、汚れをしっかり取る事や、
1日1回洗い流してあげる事が非常に重要なんですね。

ベビーパウダーは副作用としても非常に少ないですので、
一度使用してみるのも一つの手段ですね。

スポンサードリンク

2015年5月27日 おむつかぶれになった際にベビーパウダーを使用することは有効でしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの薬