おむつかぶれの際には、ティッシュは使用しない方が良いのでしょうか?

おむつかぶれの際には、ティッシュを使用する方が良い場面と、
使用しない方が良い場面の両方があります。

先ず始めに、ティッシュを使用する方が良い場面についてです。

ティッシュを使用した方が良い場面としては、
おむつ交換やお風呂上りなど、
肌表面に水分が残っている場合です。

おむつかぶれはおむつ内の湿気が高くなると発症し易くなりますし、
症状の改善を送らせる要因になってしまいます。

ですから、極力水分を取り、湿度を抑えてあげる事が重要になります。

そんな時に、ティッシュが役立つんですね。

おむつ交換の際やお風呂上りにティッシュを軽く肌に押しつけ、
肌表面に残っている余分な水分を取る事によって
湿気を抑える事が出来るんですね。

水分を取る際には、擦って水分を拭き取るのではなく、
軽く押し付ける様にして水分を取ると
肌への負担を掛けずに吸収出来ますので試してみてくださいね。

使用しない方が良い場合についですが、
おむつ交換の際に、ティッシュで汚れを拭き取るという行為です。

ティッシュは当然乾いており、
肌を擦ると、肌は傷つき易い状態となってしまいます。

もちろん、柔らかいティッシュもありますが、
赤ちゃんのデリケートな肌には、影響が大きいんですね。

先にも述べましたが、ティッシュは軽く押し付けて水分を取る程度に使用し、
汚れを拭き取ったりする事には使用しない様にしましょうね。

スポンサードリンク

2015年6月17日 おむつかぶれの際には、ティッシュは使用しない方が良いのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法