おむつかぶれによって肛門付近が真っ赤になる事は普通でしょうか?

おむつかぶれによって肛門付近が真っ赤になる事は
普通に起こりますし、肛門付近が真っ赤になる症状は
おむつかぶれの最も一般的な症状かもしれません。

私の経験からしても、おむつかぶれを発症する際は、
毎回といって良いほど、肛門付近が真っ赤になりました。

肛門付近が赤くなる原因としては、
うんちに含まれている細菌の影響が最も一般的です。

うんちは当然肛門から出てくる訳ですから、
排泄の際には、必ず、うんちが肛門に付着しますよね。

直ぐにおむつ交換をすれば問題無いと思いますが、
少なからず、肛門にはうんちが付着している時間がありますので、
細菌の影響を受け易くなってしまうんですね。

また、肛門付近は肌も敏感であり、
皮膚も比較的薄いため、外からの刺激を受け易いんですね。

ですから、肛門付近が赤くなる事は全く異常ではありません。

肛門付近が真っ赤になった場合の対処法についてですが、
座浴が最も有効でしょう。

私の経験からしても、肛門付近が真っ赤になる症状に対して、
最も有効だったケアが座浴でした。

おむつ交換の際には、座浴を行い、
おしりに付いた汚れをお湯で洗い流す様にしました。

お湯で洗い流す事によって、
肛門付近のシワもしっかり洗う事が出来ますし、
肌への刺激も抑えながら、しっかり汚れを取り除く事が出来ますので、
座浴は非常にオススメのケアです。

石鹸を使用するとより清潔にする事が出来ますので、
是非、座浴を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

2015年6月15日 おむつかぶれによって肛門付近が真っ赤になる事は普通でしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれの症状