おむつかぶれを発症している時には、ガーゼを使用した方が良いのでしょうか?

おむつかぶれを発症している時には、
ガーゼを使用してもしなくても問題はありませんし、
症状によってガーゼを使用した方が良い場合と、
逆に使用しない方が良い場合があります。

先ず、ガーゼを使用する方が良い場合についてご紹介致します。

ガーゼを使用する方が良い場合ですが、
皮がめくれたり、血がにじむ様な酷い症状に至った場合です。

皮がめくれる様な症状や血がにじむ様な酷い症状では、
肌がおむつと擦れるだけで非常に強い痛みを生じます。

ですから、肌との擦れを軽減する為に、
ガーゼが効果を発揮するんです。

使用方法としては、ガーゼにたっぷり薬を塗り、
ガーゼを肌に貼付けます。

これによって、肌とおむつが直接擦れる事を避ける事が出来ますし、
薬の効果を持続させる事が出来るんですね。

この際の注意点としては、
おむつ交換の度に必ずガーゼを新品に交換するという事です。

ガーゼを清潔に保たないと、
逆に肌に炎症を発生し、おむつかぶれとしても
症状が悪化してしまいます。

ですから、おむつ交換の際には、必ずガーゼを交換してくださいね。

次にガーゼを使用しない方がいい場合についてですが、
お風呂に入ってお尻を洗う際には、
ガーゼを使用するのではなく、手で洗ってあげる事をお勧めします。

私の経験からしますと、
おむつかぶれを発症している時にガーゼで肌を擦ると、
逆に肌が傷ついてしまうという事がありました。

もちろん、全ての条件に対してNGという訳では無いと思いますが、
私の息子の場合には、ガーゼで洗うという事はよくありませんでした。

ガーゼは決して固くはありませんが、
手で洗ってあげる方が肌への刺激を少なくする事が出来ますので、
お風呂で洗ってあげる際はガーゼを使用しない事をお勧めします。

スポンサードリンク

2015年6月15日 おむつかぶれを発症している時には、ガーゼを使用した方が良いのでしょうか? はコメントを受け付けていません。 おむつかぶれのケア、対処法